単語記事: 伊藤果

編集  

伊藤果いとう はたす)とは、将棋棋士である。1950年9月16日生まれ。京都府京都市出身。高柳敏夫名誉九段門下。棋士番号118。

棋界きっての詰将棋である。実伊藤明日香子(女流棋士)で、史上初の棋士。他の子には、将棋ニコ生でお染みの竹部さゆりや、堀口一史座、及川上田初美野田らがいる。

棋歴

1975年に24歳で四段昇段(プロデビュー)。1979年度に12連勝を記録し将棋大賞の連勝賞を受賞。1981年度には新人王戦、NHK杯で準優勝。

2001年フリークラスに陥落し、2011年引退竜王戦1組通算2期。

棋風・人物

風車戦法

若手の頃の活躍の原動となったのが風車(かざぐるま。ただし、ふうしゃと呼ぶ棋士もいる)という独特の戦法である。この戦法は、飛を最下段中央に配置し、戦況に応じて飛を右に左に転回させることから、向に委ねられる風車に例えたものである。自分から攻めることはほとんど考えない、受けに特化した戦法である。

し回しが難しく、他の棋士には広まらなかったことから、伊藤しかさないマイナー戦法であった。

詰将棋

棋界きっての詰将棋であり、塚田賞受賞回数は棋士史上最多。プロ棋士引退時には「やっと好きな詰将棋に打ち込める」と発言するほどで、現在Twitter自作詰将棋を定期的に開している。

また、詰将棋関係の棋書も非常に多いが、終盤を鍛えたい人にはオススメしない。なぜなら、伊藤の作は実戦的なものとは遠くかけ離れたパズル的なもので、

  • が2枚利いている所に、さらに持ち駒のを打つ。
  • 7手詰めの問題なのに、2手も大駒不成(しかも別駒)がある。
  • 限定の合駒にわざわざ、一番強い飛中合で打たせる。

など、「手筋? なにそれおいしいの?」と言わんとばかりに感覚が尋常でないため、詰将棋ファンの間からは敬意を込めて変態と呼ばれている。

また、この詰将棋が縁で、『新・必殺仕置人』に伊藤宗看役として、煙詰(元ネタ伊藤看寿「将棋図巧」99番)を本人出演で披露したこともある。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E6%9E%9C
ページ番号: 5179083 リビジョン番号: 2306946
読み:イトウハタス
初版作成日: 13/12/09 21:53 ◆ 最終更新日: 15/12/30 19:26
編集内容についての説明/コメント: 全体的に整理
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

伊藤果について語るスレ

1 : たんふぁ :2014/02/14(金) 02:32:57 ID: hoBIHkfbsx
生まれた年おかしくね?w
2 : ななしのよっしん :2015/09/28(月) 07:47:15 ID: OubF6BWlIA
駒を使ったパズル芸術としての詰将棋に魅せられちゃった人
3 : ななしのよっしん :2016/07/09(土) 22:44:19 ID: +2XY+qc8Zo
複雑折したような詰将棋作る人
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829