単語記事: 北浜健介

編集  

北浜健介(きたはま けんすけ)とは、日本将棋連盟の係長所属の将棋棋士である。1975年12月28日生まれ。神奈川県出身。佐伯優九段門下。棋士番号211

棋歴

小学生6年生のときに小学生将棋名人戦で準優勝(決勝の相手は田村康介)。1994年18歳で四段昇段(プロデビュー)。C級2組、C級1組をそれぞれ2年で突破しB級2組に昇級。

1999年から2000年にかけて新人棋戦で3度準優勝。2002年度の順位戦B級1組に昇段。

2014年からは関西所属となった。

棋風・人物

持久戦調の将棋を好む居飛車党の棋士である。その棋は、温厚な見たや口調と裏に棋界随一ともいわれる鋭い攻め将棋である。2014年ごろからは振り飛車党になり、ゴキゲン中飛などを戦法としている。

詰将棋

詰将棋を解くのがく、詰将棋解き選手権で、あの谷川浩司を抑えて優勝したこともある実の持ちプロ棋士としてはしく詰将棋をつくるほうも得意で、奨励会時代に中手数の17手詰が入選し、以来詰将棋にのめり込んでいったという。また、当時の選者は詰将棋界の変態鬼才伊藤果であり、彼を詰将棋の師と仰いでいる。一方、尊敬する詰将棋作家は若正とのこと(浦野真彦も影を受けた棋士として挙げている)。以後、棋界随一の詰将棋好きとして知られる……のだが、子供の頃は解くのが大の苦手で、すらすら解けるようになったのは奨励会に入ってからとのこと。詰将棋の審美眼も確かで、将棋世界詰将棋サロン選者も務めたこともある。

詰将棋問題集『脳トレ〇手詰』シリーズは、北浜本人による自作集であり、後書きからみてもその詰将棋が感じて取れる。

北浜係長って?

その穏やかな貌と謙虚な人柄からまるで係長のようだと言われることがある。2008年6月22日放送のNHK杯選手権(対石田和雄戦)での解説の加藤一二三を交えた感想戦は、中間管理職としての生き様を全お茶の間に見せつけた。

そんなためか、竹部さゆりが彼のことを、生放送で「北八段」と言うべき所をついつい「北係長」と言いそうになってしまった。なお、第39棋王戦第一局解説の際に、視聴者から課長昇進の辞令が下りたが、本人はそれを固辞している(どうでもよかったようだ)。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%8C%97%E6%B5%9C%E5%81%A5%E4%BB%8B
ページ番号: 4792500 リビジョン番号: 2477366
読み:キタハマケンスケ
初版作成日: 11/12/31 13:11 ◆ 最終更新日: 17/04/08 10:14
編集内容についての説明/コメント: 商品を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

北浜健介について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2012/10/25(木) 06:29:07 ID: 5S+l76KdKD
出版当時はプロも読んで勉強してるとまで言われた「羽生の頭」を、
早稲田大学在学中(当時プロデビュー済み)の北さんが読んで、
「相横歩取りの先手勝ちとなってる所に読みぬけがあって後手勝ちの局面だ」と気付いて、
公式戦でその局面に誘導して(対戦相手は小野修一七段)新手一発で結論ひっくり返した(※)という逸話知って以来好きな棋士だ。
あの有名な羽生ですら間違えるのかというのと、それを覆せるなんてどんなにすごい人なんだろうと。
もっと活躍してほしいな。

※後に羽生が同一局面に誘導させられて後手の村山七段に同一手をさされ負けた
2 : ななしのよっしん :2017/06/05(月) 11:32:23 ID: SHilFObzRZ
中飛一本で勝率上がってるのすごいですね
さりげに注してます
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829