単語記事: 塚田泰明

編集

塚田泰明とは、将棋棋士である。大内延介九段門下。

概要

1964年生まれ。九段。タイトル1期(王座)。棋士番号148

子に藤森哲也塚田恵梨花

竜王戦最高位1組
順位戦最高位A級(7期連続)

1981年3月四段(9連勝)※1980年度(昭和55年度)にプロ入りした強グループ、いわゆる「55年組」の一人。
1983年五段(C級1組昇級)
1985年六段(B級2組昇級)
1987年七段(B級1組昇級)
1988年八段(A級昇級)
2000年九段(勝数規定)

四段デビュー後、順位戦
5-5,10-0(C級1組昇級),
8-2,10-0(B級2組昇級),
8-2,8-2(B級1組昇級),
10-2(A級昇級)
デビュー7年でA級到達(この間に王座獲得)

「攻め100%」「昇天流」と呼ばれる攻めの棋で、相掛かり急戦法の「塚田スペシャル」は
80年代半ばに登場し、公式22連勝やタイトル獲得の大きな原動として一躍話題となった。

妻は、女流棋士高群佐知子
結婚前、二人で極秘に沖縄旅行に行ったが台風で帰れなくなり、テレビ収録の仕事を二人ともキャンセルした。
高群は「今、沖縄にいまして、台風で帰れない」と連絡、一方の塚田が「今、南のにいまして、台風で帰れない」と連絡したが、すぐに交際がになってしまった(親しい棋士仲間は気付いていた)。
このエピソードは、「南の事件」と言われている。この話は結婚式でも披露されたが、すでに棋界の中に知らない人はいないのであった。

第2回 将棋電王戦では第4局で Puella α と戦った。
序盤から劣勢に立たされるも、Puella α の弱点を突こうと入玉をいながらの攻めに転ずるが、
なんと Puella α も玉の逃げを敢行。相入玉模様となり、いわゆる「持将棋」へともつれ込むかと思われた。
 
しかし146手、相入玉となった時点で塚田が獲得した駒は17点分ほど。立会人裁定が入る256手までに残り7点分の駒を獲得出来なければ敗北と言う絶望的状況に追い込まれる。
Puella α は既に大駒3枚を確保しており、結果はにも明らか…のはずだった。
 
だが塚田は諦めず、持将棋と言うレアケースの対応に問題を抱える Puella α の弱点を突いての奪取に成功。
その後も小駒を地に獲得し、222手めにして引き分けに必要な24点分の駒を確保。
最終的に230手にて持将棋が成立し、奇跡的に引き分けへと持ち込んだ。
 
終局後のインタビュー記者会見で、「投了は考えなかったのか?」との問いに「自分からは(投了できなかった)、団体戦で自分が負ければプロ側の敗北が決まってしまうから…」と、言葉を詰まらせ涙した。

関連動画

第2回将棋電王戦PV

塚田泰明九段インタビュー 第2回将棋電王戦

 

第2回将棋電王戦 第4局 塚田泰明九段 vs Puella α PV

 

塚田スペシャルの解説

関連生放送

第2回 将棋電王戦 第4局 塚田泰明九段 vs Puella α

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%A1%9A%E7%94%B0%E6%B3%B0%E6%98%8E
ページ番号: 5018556 リビジョン番号: 2405649
読み:ツカダヤスアキ
初版作成日: 12/12/29 03:12 ◆ 最終更新日: 16/09/14 05:23
編集内容についての説明/コメント: 南の島事件について
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

塚田泰明について語るスレ

98 : ななしのよっしん :2014/08/30(土) 15:14:12 ID: 1YZPXFhu7U
勝てない勝負を最期までやり切る根性の凄さは、
実際に勝負を何度か経験したことのある人間しかわからない
後の批判も、自分の不甲斐なさも全部踏まえた上で、
それでも戦い続けて引き分けまでるってのはすごいだよ
もう随分前の話だけど、感動したので書き込ませてもらう
塚田さんをあっさり批判できる人は、
そういう体験を自分がしたことがないからそう言えるんだろうね
99 :   :2014/09/16(火) 22:16:07 ID: A0PPctILBR
負けは負けなんだから批判線もあって当然だろ
それを
>そういう体験を自分がしたことがないからそう言えるんだろうね
とか言っちゃうのは何様なの
100 : ななしのよっしん :2014/09/26(金) 15:15:09 ID: HmRMcK2+GW
相撲で変化をして勝ってもかれることがあるだろ?
おそらくこれが一番近いと思う
勝ち負けじゃないんだよ。卑怯というのともまた違う
これが理解できない人は一生理解できない
賛同するかどうかと理解できるかどうかもまた別の話
101 : ななしのよっしん :2015/01/14(水) 03:56:26 ID: NYiUD7MHWj
アレに関しては棋譜とく人がいてこそ
敢えて泥をかぶった塚田さんの意地と持がくのでこれでいい
102 : ななしのよっしん :2015/02/01(日) 11:04:43 ID: l2bCAE98+J
>>9では昔の新手について触れられてるし、
最近も後手矢倉4五歩を流行らせたりしてるらしいし
序盤研究としては結構すごい人なんだね
103 : ななしのよっしん :2015/03/10(火) 14:06:22 ID: +L9ueTsdN5
>>99

だから経験したことがある人とない人の差を説明しただけだろ
何様も何もない
104 : ななしのよっしん :2015/04/12(日) 00:20:35 ID: dIf8IdYgK+
FINAL終わった今だからこそ、塚田さんの偉大さを思い知るわ

第二回電王戦はほんとに夢中で見てたわ
105 : ななしのよっしん :2015/08/04(火) 07:59:49 ID: 05JXSlbnKo
>>98
>塚田さんをあっさり批判できる人は、
>そういう体験を自分がしたことがないからそう言えるんだろう
というのに激しく同意。もちろん批判はあり得るが、まともな批判はすくなくともこスレレスにはひとつもなかったな。
>>98 に瑕疵があるとしたら
>そういう体験を自分がしたことがないからそう言えるんだろう

>そういう体験を自分がしたことがない「し、しようともしないから」からそう言えるんだろう
と書かなかったことくらい。

ほんと、そういうやつに後づけ批判されるのってホントむかつくよね。
将棋しているならわかんないのかな、理屈を知っているのとその通りやるのがどんなちがうかを。そして後者がどんなに難しいかを。
強いプロ棋士は、へたアマでもわかるような愚形を相手のプロ棋士に強いる技術もっているもんな。
106 : ななしのよっしん :2015/11/03(火) 20:33:42 ID: H3wthPqWSs
明日叡王戦の相手は強敵だけど頑ってほしいね
107 : ななしのよっしん :2015/12/03(木) 16:35:12 ID: ra1BJj549X
塚田先生を見て棋士は魂で将棋してるって思った。
普通とは違うんだな。
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829