単語記事: 将棋電王戦

編集

将棋電王戦とは、プロ棋士vsコンピュータ将棋棋戦である。
第2回電王戦 第2局にて、コンピュータが現役プロ棋士の場で初めて勝った事で知られる。

概要

2011年10月06日ニコニコ生放送にて記者会見が行われ棋戦内容が発表された。第1回電王戦催は公益社団法人日本将棋連盟株式会社ドワンゴ株式会社中央論新社による。

対局者としては、コンピュータ側は毎年行われている世界コンピュータ将棋選手権の成績優秀プログラムが選出される。第3回以降は、ドワンゴ催する将棋電王トーナメントの成績上位プログラムが出場権を得る。人間側は棋士による立補や、将棋連盟からの打診を引き受けることによって選出されていた。第5回にあたる第1期電王戦からは、ドワンゴ催の公式棋戦である叡王戦の優勝者が出場する形式となった。

当初の予定では1年に1戦ずつ5年間で計5回戦行われるとのことだったが、2012年1月14日に行われた第1回戦米長邦雄永世棋聖 VS ボンクラーズ終了後の記者会見で、急遽その話は白紙となり、2013年プロ棋士5人VSコンピュータ5ソフトの一斉対局が行われることになった…が、2012年12月15日に再びの形式変更がアナウンスされる。詳細は「第2回電王戦」を参照されたい。

2015年を以て、団体の対抗戦形式が終了し、翌年からは準タイトル戦として新設された叡王戦の優勝者と、電王トーナメントの優勝ソフトによる2番勝負となった。なお非公式棋戦であることに変わりはない。
これより、電王戦は回数から期による表記にめられた。

2017年2月22日、「人間とコンピュータが同じルール真剣勝負をするという歴史的役割は終わった」として、第2期を以て電王戦は終了した。

「電王戦」の読み方

電王戦」の読み方については「デンオウセン」と「デンノウセン」とで揺れた経緯がある。

棋戦名のローマ字表記は、PV中では「DENOUSEN」、Twitter公式ハッシュタグは「#denousen」、公式チャンネルURLは「denousen」と、「denousen」で統一されている。公式会見の場で催者等が「デンオウセン」と発音しているし、PV中でも「デンオウセン」と呼ばれている。一方で「電」との掛詞から「デンノウセン」が推されもする。将棋共同記者発表会による棋戦名発表時には日本将棋連盟会長米長邦雄永世棋聖は「デンノウセン」と発音 していたが、そのすぐ後に同放送内でアナウンサーが「デンオウセンとなります」と発音 しており、視聴者もどちらなのか戸惑っていることがコメントでわかる。

これについて第1回戦終了後の記者会見中にどちらが正しいのか問われたのだが、会長は「将棋連盟というところは“どっちでもええやないか”という団体でございます(笑)」と回答した。・・・ということで、「じゃあでんのうせんで」と、その場では「デンノウセン」を用いた。

翌年に作られた第2回電王戦PV記者会見の場では「デンオウセン」と発音されており、今後公式では「デンオウセン」で通す事が見て取れる。

第1回電王戦

第1回は、2012年1月14日米長邦雄永世棋聖ボンクラーズによって行われた。

詳細は『第1回電王戦』を参照。

第2回電王戦

第2回は、2013年3月23日から5週にわたって、プロ棋士5人とコンピュータ5ソフトによる団体戦が行われた。対局は以下のとおり。

対局日 プロ棋士 ソフト名 / 開発者名
第1局 2013年3月23日 阿部光瑠四段(先手) 習甦 / 竹内
第2局 2013年3月30日 佐藤慎一四段 ponanza / 山本一成先手)
第3局 2013年4月6日 船江恒平五段(先手) ツツカナ / 一丸
第4局 2013年4月13日 塚田泰明九段 Puella α / 伊藤英紀(先手)
第5局 2013年4月20日 三浦弘行八段(先手) GPS将棋 / 田中哲朗・森脇大悟

詳細は『第2回電王戦』を参照。

第3回電王戦

第3回は、2014年3月15日5週にわたってプロ棋士5人とコンピュータ5ソフトによる団体戦が行われた。対局は以下のとおり。

局(日時) 出場棋士 出場プログラム/開発者 対局会場
第1局(2014年3月15日) (先)菅井竜也五段 電王トーナメント5位:習甦竹内 東京有明コロシア
第2局(2014年3月22日) 佐藤紳哉六段 同4位:(先)やねうら王/磯崎元洋、岩本 東京両国国技館
第3局(2014年3月29日) (先)豊島将之七段 同3位:YSS山下 大阪あべのハルカス
第4局(2014年4月5日) 森下卓九段 2位(先)ツツカナ/一丸 神奈川小田原
第5局(2014年4月12日) (先)屋敷伸之九段 同優勝:ponanza(電王)/山本一成下山 東京将棋会館

詳細は『第3回電王戦』を参照。

電王戦FINAL(第4回)

第4回は、2015年3月14日から5週にわたって、プロ棋士5人とコンピュータ5ソフトによる団体戦が行われた。対局は以下のとおり。

局(日時) 出場棋士 出場プログラム/開発者 対局会場
第1局
(2015年3月14日)
(先)斎藤慎太郎五段 第2回電王トーナメント5位:
Apery平岡拓也、杉田歩、山本修平
二条
(京都
第2局
(2015年3月21日)
永瀬拓矢六段 同4位:
(先)Selene西海
高知
(高知
第3局
(2015年3月28日)
(先)稲葉陽七段 同3位:
やねうら王/磯崎元洋、岩本
函館・五稜
(北海道
第4局
(2015年4月4日)
村山慈明七段 2位
(先)ponanza山本一成下山
薬師
(奈良
第5局
(2015年4月11日)
(先)阿久津主税八段 同優勝:
AWAKE(電王)/巨瀬
千駄ヶ将棋会館
(東京

詳細は『電王戦FINAL』を参照。

第1期電王戦(第5回)

第5回は、2016年4月5月に、山崎隆之王とPONANZAによる二番勝負が行われた。対局は以下のとおり。

局(日時) 出場棋士 出場プログラム/開発者 対局会場
第1局
(2016年4月9日、10日)
山崎隆之 第3回電王トーナメント優勝:
(先)PONANZA山本一成下山
関山中尊寺
(岩手
第2局
(2016年5月21日22日)
(先)山崎隆之 PONANZA山本一成下山 比叡
(滋賀

第2期電王戦(第6回)

第6回は、2017年4月5月に、佐藤天彦名人王とPONANZAによる二番勝負が行われた。対局は以下のとおり。

局(日時) 出場棋士 出場プログラム/開発者 対局会場
第1局
(2017年4月1日)
佐藤天彦名人 第4回電王トーナメント優勝:
(先)PONANZA山本一成下山
日光東照宮
(栃木
第2局
(2017年5月20日)
(先)佐藤天彦名人 PONANZA山本一成下山 姫路城
(兵庫

対局レギュレーションの変遷

電王戦は、回によって対局レギレーションが異なる。
特に第2回から第3回にかけては大人の事情により大きくルールが変更された。
詳しくは第3回電王戦』やルール詳細を参照。

対局形式 持ち時間 合計休憩時間 事前貸出
第1回将棋電王戦 一番勝負 各3時間(ストップウォッチ)   1時間 任意
第2回将棋電王戦 団体戦五番勝負 各4時間(ストップウォッチ)   1時間 任意
第3回将棋電王戦 団体戦五番勝負 各5時間(チェスクロック)   1時間半 強制
第4回電王戦FINAL 団体戦五番勝負 各5時間(チェスクロック)   1時間半 強制
第5回第1期電王戦 二番勝負 各8時間(チェスクロック) 18時間半(二日制) 強制
第6回第2期電王戦 二番勝負 各5時間(チェスクロック)   1時間半 強制

※第2回第5局のGPS将棋は、トラブルに備えた復旧の時間を確保するため、持ち時間を自的に30分短く設定していた

第5回では二日制が採用された。封じ手は必ず棋士側が行う。封じ手から翌日10時の対局再開までは、コンピュータの思考は停止させられる。

第3回以降は、株式会社デンソーが開発したロボットアーム『電王手くん(さん)』が代打ちを行う。
電王手が着手動作をしている間は双方の持ち時間は消費されない。
第5回以降は、電王手動作中はソフトの思考が停止されるようになった。

第1回、第2回ではプログラム事前に貸し出すかどうかは開発者に委ねられていた。
第3回以降は事前貸出が義務としてルールに規定され、本番と同一環境事前研究を行えるようになった。
本番で使用するバイナリを数ヶ前に提出するルールのため、棋士は単にソフト練習対局が行えるだけではなく、様々な局面における当日のソフト読み筋や評価値を見ることができる。
電王戦FINALではソフトに一つの局面を100回考えさせるなど、徹底的に事前研究が行われた。
事前研究に携わった棋士によると、対策が立てやすい条件がっている場合、50数手くらいの予想の展開まで実際に進行したケースがあるらしい。このようななぞり将棋を回避するため、第3回以降に出場したソフトの多くは評価関数乱数を入れるなどして対策を講じている。そのため、相対的に棋が多少低くなっている。

第1回電王戦ルール詳細
第2回電王戦ルール詳細
第3回電王戦ルール詳細
電王戦FINALルール詳細
第1期電王戦ルール詳細
第2期電王戦ルール詳細

ハードウェア構成

CPU(クロック,物理コア数) 合計台数 コア メモリ 事前貸出
第1回
ボンクラーズ
Xeon-X5680(3.33GHz 6コア)×2    6台     72 24GB×6 あり
第2回
習甦
XeonE5-2687W(3.10GHz 8コア)×2    1台     16 16GB あり
第2回
ponanza
Corei7-990X(3.46GHz 6コア)
Corei7-3770K(3.50GHz 4コア)
Xeon8台(2.60GHz程度,計64コア)
  10台     74 - なし
第2回
ツツカナ
Corei7-3970X(3.50GHz 6コア)    1台       6 32GB あり
第2回
puella α
Corei7-3960X(3.30GHz 6コア)
Corei7-3930K(3.20GHz 6コア
Corei7-2600K(3.40GHz 4コア)
   3台     16 - なし
第2回
GPS将棋
Corei5-2400S(2.5GHz 4コア)666
他13台(2.30~3.47GHz 計154コア)
679台 2818 - あり
第3回
統一PC
Corei7-4960X(3.60GHz  6コア    1台      6 64GB あり(本番環境)
第4回
統一PC
Corei7-5960X(3.00GHz 8コア)    1台      8 64GB あり(本番環境)
第5回
統一PC
Corei7-6700K(4.00GHz 4コア)    1台      4 32GB あり(本番環境)
第6回
統一PC
Corei7-6700(3.40GHz 4コア)    1台      4 32GB あり(本番環境)

第1回、第2回においては、開発者が自前で用意したハードウェアで対局が行われた。
ツツカナはもともとCorei7-3930Kを使用する予定であったが、宅配便で輸送中にPCが故障するトラブルが発生。急遽、前日のイベントで使用されたパソコンを借りて対局することになった。

第3回以降は株式会社サードウェーブデジノスから提供されたパソコンを統一PCとして使用している。第3回、第4回に使用されたPCについては「電王戦モデル」として発売されていた。第5回以降のPCについては電王戦モデルとして発売せず、反対に一般向けPCメモリを増設したものを電王トーナメント電王戦用として流用している。

関連チャンネル

関連商品

関連リンク

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%B0%86%E6%A3%8B%E9%9B%BB%E7%8E%8B%E6%88%A6
ページ番号: 4798308 リビジョン番号: 2496029
読み:ショウギデンオウセン
初版作成日: 12/01/08 16:35 ◆ 最終更新日: 17/06/03 01:14
編集内容についての説明/コメント: 終了について追記。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

将棋電王戦について語るスレ

402 : ななしのよっしん :2016/03/15(火) 12:28:25 ID: B8a9TXO4S3
一気に囲碁に抜かれたなあ
将棋ソフト日本棋士に勝った負けたで一喜一憂している間、囲碁Googleが本気出して世界トップレベル棋士を圧倒できるものを作ってしまった
将棋羽生渡辺えて盛り上げてくれ

403 : ななしのよっしん :2016/04/16(土) 12:41:40 ID: lrCGmnExGq
とりあえず、ハンディキャップ戦に淡々と棋士が負けていく状態はなんとかしてほしい
囲碁界はあのスーパーマシンに負けてきちんと負けを認めてるんだからさー
ハイアマチュアが遊びで組むようなマシンにすら劣るようなスペックでやるのはどーかと
(たとえばうちのエンコ専用機はXeon四丁使い。正確には組みたくて組んだがほかに日常的に使う用途がない。もっとすごいの組んでるハイアマチュアいるしね)
少なくともマルチCPUろーが、PCクラスタだろうが開発者が用意できる最良の環境やらせるのがいいと思う
ハンディキャップ戦に負けるよりその方がプロの立場もいいんじゃないかと
404 : ななしのよっしん :2016/04/16(土) 13:25:24 ID: uTlFgDxYXm
クラスタマシンだった第2回で負けたからな
その後、制限や貸出付けても勝てなかったし
405 : ななしのよっしん :2016/04/20(水) 20:20:35 ID: lrCGmnExGq
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2146725
仙崎さんの今回の観戦記読むと、電王戦は途中から失敗したなと思う
いつのまにかぐだぐだと勝てないって空気になるくらいなら
第二回のあの名勝負の後、変な制限やルールつけずにすっぱりと、最善と最善の戦いを第三戦でやって手に散った方が、面かっただろうし、あとあとのり種にもなっただろうにと思う
結局は、ドワンゴ義に遠因があるのだろうなあ。売り物になるコンテンツの維持とか考えるからぐだぐだ
406 : ななしのよっしん :2016/04/20(水) 20:23:19 ID: lrCGmnExGq
ああ、失礼なことに名字誤変換しちった、ここ読む人間ならわかっているだろうが、先崎さんね
407 : ななしのよっしん :2017/04/03(月) 07:08:03 ID: vVvU1GCxPa
叡王戦は続けるのか……よかった
408 : ななしのよっしん :2017/05/20(土) 23:17:23 ID: U7Qc1CsJRc
結局コンピュータ将棋と人間の将棋は同じゲームをしているように見えて異種格闘技戦みたいなものなんだよな。
そもそも生物と非生物という時点でそうなんだけどそれが同じゲームをやっているように見えるから
観戦者が異様にどっちかに肩入れ(に人間側)しちゃう人が出るのよね。
そしてプレイヤーもは面子とか社会的なものとか余計なもの持ち込んじゃうからややこしくなる。
でも本来なら違う領域で活動しているもの同士の交流なんだからどっちが勝とうがお互いの健闘称えてしゃんしゃんでいいのにね。
409 : ななしのよっしん :2017/05/20(土) 23:22:53 ID: uTlFgDxYXm
とかわずかにどっちかが強いくらいなら面味あるけど
どっちが勝つのかわからなかった最初は面かったが
ほとんど使われてな手とかFINALの時みたいにソフトの弱点突く以外じゃ
ほぼソフトが勝ち続ける現状の勝負これ以上続けてもマンネリ感が増してくだけだしな
410 : ななしのよっしん :2017/05/21(日) 13:51:41 ID: Uuiiev9+sX
チェス界や囲碁界みたいにプロコンピュータをあっさり認めず、対立構造として盛り上げたことで成立したビッグイベントであり、ビッグビジネスだったよ

かったし将棋人口は間違いなく増えた
プロモラル、威厳、プライドとかの正義感を細かく出すと面倒だろうけど
411 : ななしのよっしん :2017/05/26(金) 02:29:32 ID: vVvU1GCxPa
囲碁は技術革新大企業で一で抜き去ってしまったからなぁ
そろそろカメが追いついてきたかなと振り向いたら新幹線にぶち抜かれてた
将棋タイミングもよかったよ。ソフトが一気に強くなる時期には重ならなかった
まあ、囲碁より勢いは鈍いと言えど人間から見れば異常速度の成長だったんだけどね

狡い扱いする人もいるけど結局のところエンタメだからね
5年前にはの意味では抜かれてたのかもしれないが、それをここまで盛り上げたのは価値のあることだよ
長が何考えてたのかは知らないけどドワンゴ釣り上げたのはファインプレー
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829