単語記事: 間宮純一

編集  

間宮純一(まみや じゅんいち 1908年~1981年)とは、ルンペン将棋棋士である。六段。静岡県田方出身。
溝呂木治八段門下で、小野二世名人の孫子にあたる。一時期「間宮久夢斎」と名乗っていた。
阪田三吉の初手端歩に勝るとも劣らない、戦法の使い手。

後手 先手

初手5六歩!

…なんだ、素人丸出しの中飛かよ( ´,_ゝ`)プッ

違うよ。全然違うよ。

奇抜な棋風~久夢流~

間宮純一の理想とする将棋は初手5六歩、隙あらば5五歩と伸ばして5筋の位を制することから始まる。
次に、取った位を守るためひたすら盤の中央をして金銀を盛り上げて行く。
長に囲いを作ったりなどということはしない。右か左の三段玉こそが本懐。

何故なら、全ての手は自玉を敵へねじ込む、ただそのために存在するからである。
初手から入玉含み。こんな妙な発想で将棋を研鑚していったのは間宮が古今一だろう。

ただし本人は至って大(素行的な意味ではない、後述)で、「美濃囲いや矢倉金銀三枚が玉にくっついて遊び駒になっている」とまで言っている。

現存する棋譜は少ないが、手な中殺法と特殊な大局観、攻防に効く妙手の連発、ひょろひょろと逃げ続ける玉など、いずれも持ち味を充分に発揮したし回しを堪できる。

間宮はこの戦法を自ら久夢流と名付け、「伊豆大仁ノ住人 久夢流元祖 間宮久夢斎」と刷り込んだハガキ大の名刺を持ち歩いて物乞いの種としていた。

順位戦は通算11期、残念ながらC1C2ともに勝ち越し経験皆無であった。

破天荒な素行

にたがわず、本人自身も相当奇な人物であったようだ。
現代のように棋戦が多くなかった当時、プロ棋士は全を巡って導料を稼ぐことをたる収入としていた。

しかし間宮は放浪癖が過ぎたのか年がら年中住所不定状態が当たり前で、箸とコップの入ったズタ袋を引っ提げと浪曲をするルンペン生活を送るようになっていった。
地方で勝手に野試合を催し、将棋番付を作って銭をせしめ、年に一度関係者の元へ現れたかと思えば数千円の心とを乞い、その自由人ぶりはの多かった戦後棋界でも異端中の異端であった。

相手の格によってタカる額を変えるのが定跡らしく、時にはタバコ1本をクソりで恵んでもらったこともある。

普段移動に使っていた汽車なんぞは運賃を払ったことすらなかった。
人当りのよさと口八丁で長を丸め込み、名刺交換や歓談を交えながら札をすり抜ける、といった手口を常用していたという。お前ぬらりひょんか。

升田幸三制第四代名人心に行き、日本刀を突き付けられて逃げ帰った逸話もある。
※当初田本人は不在で、応対した夫人から頂戴した額が少なかったため、逆ギレしたのが原因。
なんと泥のついた下駄の表札を踏みつけたらしい。
夫人の急報を受けた田は「名人の名誉が汚された!!」と激怒して抜に及んだ。当たり前だ。

同じころ大山康晴十五世名人は、中に鍵をかけていた。「大山の受けつぶし」である。

そんな間宮と好意的に接した人物として、原田泰夫九段がいる。
原田は溝呂木へ子入りしようとして「自分は子運が悪い(もちろん間宮のこと)」と断られ、別の師匠を紹介されたという過去があった。
これをなんとなく奇縁に思い、心に来られても「年に一度のことだから」と、5000円と1、2杯のコップに注いで渡してやるのが恒例となっていた。
このことがよほど嬉しかったのか、間宮原田が引っ越しても必ず住所を調べて訪ねて行ったそうである。

頭にはいつもエヂソンバンドなるものを巻いており、今で言う冷えピタ棋士の先駆けでもあった。
これはブリキをじゃばらに織り込んだバンドで、熱を放散させる効果を謳っていた(で言うところのラジエーター)
「あのエジソンが開発!が三倍働く!」などという、うさん臭い宣伝文句も特色である。

間宮の使っていたものは冷式で、中にを入れることができたので、導対局中にこっそり取り外してはちゅーちゅーすすっていた。
50年以上も前に「頭寒足熱」を実践したあたり、先見性を持っていたとも言えなくもない。的はだが。

これらのはだんだん棋界関係者の心を悪くしていき、ついに将棋連盟は退会勧告を決議するに至る。
直接の処分理由は「免状発行は連盟の大事な収入で、将棋番付を勝手に作られてはかなわん」というものである。
本人に告げる役を負わされたのは原田九段だった。
情けをかけてくれた相手からの勧告に反発できるはずもなく、間宮1957年を以って棋士人生に幕を下ろした。

現役通算15年の成績は 136戦43勝92敗1持将棋勝率.319 であった。

晩年はすっかりアルコールとなり、の世話を受けながら断施設に入所するなどして過ごしたという。
もし現代に生きていればネットをにぎわす人気者になったことであろう。いい意味で悪い意味でも。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%96%93%E5%AE%AE%E7%B4%94%E4%B8%80
ページ番号: 5055383 リビジョン番号: 1781112
読み:マミヤジュンイチ
初版作成日: 13/03/12 18:05 ◆ 最終更新日: 13/03/31 03:36
編集内容についての説明/コメント: 画像差し替え、位置調整
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

間宮純一について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2013/03/12(火) 22:52:51 ID: zMW4Wv9bYQ
こんな不思議な人もいたんだなあ
2 : ななしのよっしん :2013/03/13(水) 08:29:01 ID: Hf2DYIUnD+
5六歩、3四歩、7六歩、8八成、5七と言う手順がプロの棋譜で存在するとは。しかも勝っているし。
規約違反ではないけど、1本ぐらい動画ないのかな。
棋譜並べ動画って作るの簡単かな。
この手順で勝った棋譜の動画でもあると良い感じ。
3 : ななしのよっしん :2013/05/25(土) 18:25:43 ID: O7EuuQ5PWt
なんでインターネットの時代に間宮純一の相当詳しい記事があるんだよwwww
大山康晴の晩節」でしか名前見たことないよ
ただ、もし素行面が良くて棋譜が現代まで残ってたら、入玉がキーポイントになっている人間vsCOM戦で凄い脚を浴びてたんだろうなぁ
4 : ななしのよっしん :2015/06/02(火) 14:26:39 ID: J0CYC8nfyd
棋譜見たけど入玉厳しいよな・・・
ただ大局観が面ww
5 : ななしのよっしん :2016/07/20(水) 20:36:23 ID: BTSluwBO1c
い記事
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829